100人以上の不登校体験談クリック

ご卒業、合格おめでとうございます!お母さん、子ども達へメッセージ

桜
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いているのは2022年3月19日。桜の開花が近いですね。

卒業シーズンです。続々と卒業のツイートが流れてきます。

娘は昨年卒業したので関係ないのですが、感慨深く、ご家族それぞれの卒業の重みを感じながら読んでいます。

同級生と一緒に卒業式に参加、第二部、校長室など別室に参加した子。

当日朝まで、どうなるかわからなかったり、行けなかった子もいたでしょう。

どんな形であれ、在籍校からの卒業という一区切りがついた日だったと思います。

お母さん

学校への連絡、送迎など、頑張りましたね。

たくさん悩み、迷い、理解しようとし、受け入れ、見守り、ここまで来たと思います。

行きたくても行けない葛藤、学校に行く行かないの選択、明るい不登校、別の居場所探しなど…

それぞれ違うけれど、きっとたくさんの抱えてきた想いがあるでしょう。

学校からの解放感、安堵、そんな気持ちもあると思います。

ほんとうにお疲れさまでした。

親子が元気でこの日を迎えられること、それだけで素晴らしいと思っています。

この日を迎えられたことに、心からお祝いのメッセージを送りたいです。

あらためて、ご卒業おめでとうございます🌸

そして、この時期、合格のツイートも流れてきます。

全日制高校、定時制高校、通信制高校、どんな進路であれ、悩み、決断して、一歩ずつ進んできたと思います。

とても勇気がいることです。お子さんの頑張り、新しい門出に拍手を送りたいです。

合格、おめでとうございます🌸

そして、高校に行かない選択も勇気のいる決断です。

道は違っても、お母さん、見守り隊を頑張ってる。ほんとうによく頑張ってる。

私、しょっちゅう心折れては励まされてます(^^;)

この場をお借りしてお礼を。いつもありがとうございます。

これからのことに不安もあると思います。

私もです。そんな私が言うのもなんですが…

期待はせず、でも希望はもつ。希望はいっぱい持っていい。

人生はまだまだこれからで、子ども達には無限の可能性があるから。

そして、子ども達へ伝えたい。

卒業した子ども達、そして今、不登校の子、ひきこもっている子ども達にも。

できなくても、つまづいても、休んでもいい。

そのままでいい。自分を責めないでほしい。

精一杯生きてる。とりあえずそれでいい。

充電が必要な時は休んで、そしてエネルギーがたまったら少しずつ羽ばたいていけばいいい。

世界は空のように広い。今いる場所がすべてではないから。

2021年7月20日19時00分~TBS「この歌詞が刺さった!グッとフレーズ 」

世代別で歌詞が心に刺さる曲を紹介していました。

街中のインタビューで、若い女の子が「学校に行けない時期があって・・・」って言う話をしていました。

不登校の時期に背中を押してくれた曲だそうです。

そら

私も心が折れそうな時、音楽、曲の歌詞に励まされてきました。
おばちゃんの言葉より、心に響くかも。
歌詞の一部を紹介しますね。

「昨日よりも不安な明日が増えても

悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく心躍る方へ」

「生きて耐えて時に壊れ泣いて 迷う影に笑顔咲き誇る

生きていれば命さえあれば 前に前に前に上に上に」

桜

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる