「普通」って何?ないと医師に言われた話|それぞれの基準、ものさし

普通
URLをコピーする
URLをコピーしました!

学校に行けなくなった娘に言われた。

「普通にできなくて、ごめんなさい。」

なんとも言えない気持ちになった。

そら

私は「普通に、普通に」育てようとしてきたんだろうか。

みなさんの考える「普通」ってなんですか?
この記事では「普通」という言葉について書いています。

目次

多数派でいることの安心感

私は小さい頃から、みんなと合わせるのが苦手だった。なんか自分違うなーと思ってきた。

「普通」ってよくわからないし、「普通」という言葉が好きではありません。

「普通はこうするよね」「普通に考えたら」「これが普通でしょ」「なんで普通にできないの」

そう言われるのが嫌だった。「普通」の言葉に過敏に反応してしまう。

子どもの時に観たテレビ番組、欽ドンで「良い子、悪い子、普通の子」ってあったよね。

これで言うと、めちくちゃ優秀でも不良でもない場合は普通の子。

だったら、自分は普通の子だな 大丈夫、なんて思ったこともあった。

みんなと一緒がいいとも思わなくて。群れるのが嫌いで。

むしろ、人と違うことしてる人が羨ましかった。

寂しいと感じた時もあるけれど、一人が気楽だった。

でも、娘は違うんだよね。特別に見られるのが嫌。目立つのが嫌。そんな子だった。

学校では大勢の方に合わせてきた。みんなと一緒がこの子の安心感でもあった。

「一人でいてもいいんだよ」「みんな違っていいんだよ」

この子には違った。余計に不安にさせた。

不登校になってから、しばらく みんなと一緒、普通がいいんだと言い続けた。

主人も大多数の通る道の方がはるかに楽だと言った。

自分とは違うのだとわかった。

そら

私にとっては多数派、これが「普通」ってことだと思ってきた。

多数決は決める1つの方法だよね。
そんな時は優位ではあるけれど、だからと言って正解とは違う。

「普通」= 正解でも幸せでもない。

この考え方の私でも、学校に通うことは「あたりまえ」だと思っていた。娘の不登校で、その考え方が崩れた。

著:泉谷閑示
¥825 (2022/01/14 15:34時点 | Amazon調べ)

それぞれの「普通」基準

主治医に「普通ってなんですか?」って聞いてみました。

「ないよ。ちょっとズレてるだけかな。俺もそうだからさ。」

そう笑って言いました(*^-^*)主治医にとって、普通はなかった。

そっか、私もズレてただけなんだ。

枠にはまっている人と、ちょっとズレているところにいる人。

枠自体が変われば、そこではピタッとはまることもあるんだよね。

選択肢が時代とともに増えてきた。

少数派が増えて、足したら多数派を圧倒することもある。

昔の「あたりまえ」が今では「珍しいこと」になっていることだって たくさんある。

学校では多数派に合わせる教育をしていく。足並みを揃えることを良しとする。

一人一人は難しい。少数派には生きづらいのが義務教育の学校なんだろうね。

大多数の通る道は広くて整備されている。

でも、その整備が進みやすく感じないのなら、小道を進んで目標を目指せばいい。

見つけにくかったり、迷ったりすることもある。

でも、大きな道以外で見えてくることもある。

周りの影響を受けて、「普通」「あたりまえ」という概念を作り出しているのは自分自身。

医師の言葉で、自分の中で長年抱えてきた何かが消えた気がした。

そら

最後に心に残った文章を紹介します。

朝ドラ『おちょやん』のセリフ

「むしろ普通の子なんていません。いろんな子がいて、みんなそれぞれ頑張ってるんです。しいて言えばそれが普通です。」

第69回全国小・中学校作文コンクール 文部科学大臣賞の作文

小学校高学年の部 「それぞれのものさし」

岩手県盛岡市立桜城小4年 山田結心さん

一部を引用します。

だれだって(自分は)普通だと思っている。でも普通には基準がない。

自分が出来るから相手も出来るわけではない。

それが母の言う「自分の物差しで人を見てはいけない」という事だ。

引用:読売新聞へようこそ
普通

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる