【体験談】不登校の時に行事には参加できた気持ち、修学旅行の思い出

行事参加
URLをコピーする
URLをコピーしました!

娘は不登校になってから行事全般、参加できませんでした。
(修学旅行も参加していません。文化祭は作品だけ展示)

不登校にもいろんなパターンがあり、行事には参加できる子もいます。

中でも修学旅行は大きなイベントで宿泊もあり、長時間、同級生と共に行動します。

楽しみでもあり、怖いと思う気持ちもあり、行った方がいいのか、行かないほうがいいのか迷う子も多いと思います。

今回、実際に経験した方に気持ちを聞いてみました。

そら

この記事は不登校の経験をして、大人になった今、ライターとして活躍されている方にお聞きした体験談です。

娘とは違って、不登校中に行事、修学旅行に参加しています。

そら

不登校の子どもの行事の参加について、経験からどう思いますか?

学校関係全般に対して行きたくないとなってしまう子もいれば、文化祭や遠足、修学旅行など楽しい行事(イベント)のみ参加できる子もいます。

学校関係全般になってしまうと、友達に会うかもしれない学校周辺に行くことも嫌がりますし、楽しいイベントなんてもってのほか。

どんなに先生や友人に誘われても学校に行く選択肢がありません。あくまでも自分が行きたいと思えないと、学校に足が向くことはないと思います。

学校に行かなくなってしまった原因がクラスメイトだったり、部活の人間関係の場合、直接的な関わりのないイベントのみ参加できる子どももいます。

なかには勉強に遅れが出て不登校になっている場合、関係のないイベントなら参加できるケースもあるでしょう。でも、どうして行事だけは参加できるのか、本人でないと心の奥底にある本当の気持ちはわかりません。

いろいろ悩んだ結果、イベントからなら参加できると考えたのかもしれませんし、過去に参加したことのあるイベントなら楽しかった思い出があり、学校に行ってみたいと考えるようになった子どももいます。

また学校の先生が、イベントの前になると「待っているからおいでね」と誘いがきっかけのケースもあります。

子どもにとっては、不登校の期間が長ければ長いほどイベントといえども学校に行くのは勇気がいるものです。

友達とも距離ができてしまい、教室に入れば注目の的になってしまうこともあります。自分では学校に行かなくてはいけないことがわかっているからこそ、行事ぐらいは参加してみようかなと頑張って行っていることもあります。

親御さんからすると、行事だけ学校に行くなんて…ネガティブに捉えてしまったり、それなら普段の学校にも行けるんじゃないかとあせらせてしまうこともあります。

子どもがイベントだけでも学校に行こうと前向きに考えられたことを、まずは褒めてあげること。普段、学校に行けていない子にとっては、とても勇気がいることでもあります。

行事だけ…なのを否定したり責めるような発言は、子どもの心を傷つけてしまいます。イベントに参加したときに楽しいと感じれば、学校に戻れるきっかけになるかもしれません。

子どもの抱えている苦手意識や学校、先生、同級生に対する思いは様々です。どちらの選択であっても、あたたかく見守ってほしいと思います。

そら

修学旅行の参加は迷いましたか?
何かきっかけはありましたか?
実際参加されてどうでしたか?
当時の思い出をお聞かせください。

お子さんが不登校で悩んでいると、修学旅行に参加させるのかどうかは親にとっても大きな決断になると思います。

不登校にも原因はさまざまなものがありますし、修学旅行に参加する、しないはどれが正解とも限りません。

私が不登校で悩んでいたのは中学生の頃です。家庭環境といじめが原因で不登校になりました。

不登校になってから教室に入れずに相談室登校をしていた私でしたが、修学旅行などのイベントには参加していました。

当初の私は、宿泊でみんなで行く修学旅行に対して行きたいとは考えていませんでした。

でも、所属していた演劇部の友人とは仲がよく、「修学旅行に行こうよ」と家に来てくれたことをきっかけに参加を前向きに考えるようになりました。

修学旅行では仲の良い友人と一緒のグループにしてもらったこともあり、楽しい時間を過ごしました。

修学旅行前にどこの観光名所をめぐりたいか友人と話す機会もあり、二条城に行きたいと話をしてプランに組み込んでもらいました。

相談室に来てくれたとき、自分のことを気にかけてくれていることが伝わり嬉しかったです。ただ、その反面、迷惑をかけてしまい申し訳ない気持ちもありました。

私の修学旅行の行き先は京都と大阪・奈良をめぐる日程でした。宿以外の場所ではグループだけで自由行動をして過ごすのがメインになるので、自分が不登校であるのを忘れて過ごしていました。

ただ、仲の良い友人以外は、「あれ?修学旅行だけ来てるの?」なんて好奇な目で見られることもあります。聞こえるように「うちのクラスの人だっけ?」なんて言われることもありました。

メインの京都でも、あえて目を合わさずにして過ごしていた、気まずい思い出もあります。

ただ、基本的に修学旅行中は、誰もが楽しみにしていることもあり、普段学校に来ていない私がいることも対して気にしていないようでした。

あと、女子同士の揉め事には男子は関与してこないこともあり、普段学校に来ていない私を受け入れ自然と話してくれました。

修学旅行で一番困ったのはお風呂の時間です。基本的には女子は全員で入ることもあり、嫌でも仲の良い友だち以外の人とも接さなくてはいけなくなります。

こそこそとなにか話しているなとは気付いていましたが、さっさとお風呂から出て仲の良い友人を待ちました。

私が楽しく修学旅行を過ごせたのは、演劇部の友人が常に気にかけてくれたことが大きかったと思います。

修学旅行では観光もしましたし、友人と一緒にお土産を買ったり写真を撮ったりした楽しい思い出があります。

勇気を出して修学旅行に行ったこと、傷つくこともあったけど、いい思い出になったと後悔していません。

行事参加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる