不登校の子どものカウンセリングについて|1年半続けて感じた効果

カウンセリング
URLをコピーする
URLをコピーしました!

最初に利用したのは、中学のスクールカウンセラーのカウンセリングでした。

でも、話がかみあわず1度でやめてしまいました。相性がありますね。

その後、病院で公認心理師のカウンセリングを受けています。

不登校となってから半年後に開始。1年半になりますが現在進行形です。

そら

この記事ではカウンセリングを実際に受けてきた体験談を書きます。

目次

子どもが嫌がる場合は親だけでも相談できる?

公認心理師のカウンセリングを受ける前は医師に相談していました。

今の総合病院の小児科は、なるべく子どもも連れてきてほしいけど、嫌がったら診察室に連れてこなくてもいいと言われました。

病院まで行けても診察室に入れないことが何回もありました。

娘は待合室で待っていて、私だけが診察室に入りました。

子どものことを話していますが、親のカウンセリングのようなものですね。

実は、小1の時にも数ヶ月、私だけ、この医師のもとに通っていました。

この時は学校に復帰しました。とても長い付き合いの信頼できる医師です。

その前に、別のクリニックにかかっていました。

個人のクリニックで、ここでは親だけの相談は困ると言われました。

子どもが行けなくなり転院しました。

そら

費用のこともあり、病院によりますね。

カウンセラーさんに親だけ通うことについて聞いてみました

子どもがいきなり不登校になってしまったとき、「心の病」が原因なのではと考える親御さんも少なくありません。

あんなに楽しそうに学校に通っていたはずなのに、何がきっかけで学校に行かなくなってしまったのか…、我が子の事なのに原因がわからない…と心療内科にカウンセリングにいらっしゃいます。

ただ、不登校の子どもにいきなり「カウンセリングに行こう」といっても、素直に行きたがるとは限りません。子どもが学校に行けなくなってしまった原因が自分でもはっきりしていないケースで、学校に行きたいのにどうしたらいいのかわからない葛藤を抱えているとカウンセリングに対して前向きに考えてくれる傾向にあります。

でも、子ども自身が学校に行けなくなってしまった理由がわかっていても言葉にできないケースだと、カウンセリングに対して拒絶してしまうことも多いのです。

子どもの立場からすると「原因はそこじゃない、親は全くわかってくれていない」と思う気持ちと「不登校を病気だと思われている」ことが余計に心の壁を作ってしまい、追いつめてしまうことも。

今の状況を改善しなくてはいけないのは、子ども自身が一番わかっています。ただ、カウンセリングは本人が拒否していては意味がありません。「変わりたい」という気持ちがあってはじめて効果が出るものです。

カウンセリングという手段があるよというのは伝えてもいいのですが、無理に連れてくるのは逆効果になります。では、子どもがカウンセリングに行かないケースで、親だけで行ってもいいの?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は、親御さんだけのカウンセリングもとても重要なことだと考えています。不登校になってしまった子どもに、どうやって声をかけるべきかわからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

このままでは駄目だと思っていても、まわりに相談できる人がいなかったり、子どもが不登校になったのを自分のせいだと責めてしまっていませんか。

心に余裕のない状態で、子どもの不登校の問題と向き合っていくのは容易ではありません。ときには第三者からの客観的なアドバイスが必要なときもあります。

心療内科だとハードルが高く受診しづらいと感じるのであれば、学校のスクールカウンセラーに相談してみるのも一つの方法です。子どもの不登校について気軽に相談できる相手がいるだけでも心強い存在になるはずです。

公認心理師のカウンセリングの流れ

1回目は親だけ、2回目以降は子どものみとなりました。

2回目はバウムテストなど心理検査をしたようです。

著:阿部惠一郎
¥2,310 (2021/12/09 13:06時点 | Amazon調べ)
そら

これは私も心療内科で受けました。
一枚のまっさらな紙に木と実を描いてくださいと言われます。
私が描いた絵と娘が描いた絵、ものすごく対照的なんです。
私にも特性があります。また、その話は今度しますね。
機会があったら受けてみてください。

慣れてきた3.4回目にウィスクの検査をしました(結果説明は医師からでした)

基本は1~2週間に1度、約1時間弱です。

オセロなどのゲームをしたこともあると言っていました。

これも何か意味があるのかな?

娘は自分のハンドメイド作品を見せたりもしていました。褒めてくれるので喜んでいました。

回数は、娘の心の状態に合わせて増やしたり減らしたりしています。

最近は落ち着いてきて、月に1回程度に減ってきています。

そら

話の内容は秘密で、時々娘がこんなこと話したよーと帰りの車の中で話します。
病院だけど帰り道に元気になんです。それが嬉しかったですね。

子どものカウンセリングの効果について

聞くのが上手。話すことが苦手な子と1時間続けて話せる。プロなんですよね。

医師の診察は嫌がったけど、公認心理師さんは嫌がりませんでした。

不安が強くなった時に回数を増やしたいと言ったのも娘です。

子どもにとって心強い存在となっていることは確かです。

きっと、親に話しにくいことってたくさんあるんですよね(^^;)

ひきこもっている子が外に出る。話し相手がいるって大事なんです。

私だと、最後まで話を聞く前に、つい余計なことを言ってしまう。

そうなると話せなくなってしまうんだと思う。

不安なことの相談以外に、たわいもない日常のできごとを話しているようです。

ほとんどが雑談。女性の方で、ネイルやアクセサリーの話もしていると言っていました。

虫が出た話、漫画や映画、新しく開店したパン屋さんの話…。

無口な子が声が枯れるほど話し込むんです。カウンセラーさんは聞き役。

アドバイスや共感とかも大切なんだけど、何気ない会話ってもっと大切なのかも。

回数を重ねるごとに表情が明るくなっていきました。

私が一番感じた効果は、自己表現ができるようになったことです。

思ったことを口に出せるようになった。

そら

苦手なことや好きなことなど、自分の気持ちを伝えてくれるようになった。
今まで気づかなかったことがたくさんあった。

公認心理師のカウンセリングの費用

小児科の医師が必要があると診断して、公認心理師と連携しています。

私の住んでいる市は中学生までが医療費無料です。

このカウンセリングも無料でした。保険が適用されたということですね。

4月から高校生になり医療費が3割負担となりました。

診療明細書の項目には小児特定疾患カウンセリング料(公認心理師による場合)と書かれていました。

これが保険適用の条件なんだとわかりました。

調べてみました。

令和2年に診療報酬が改正されています。

保険適用になる場合のカウンセリングについて引用します。

Q:保険適用となるカウンセリングとは、どのようなケースですか?
——–
厚生労働省によると、医療機関で病気と診断された上で、医師が治療に必要と認めた、次のようなカウンセリングが保険適用となります。

①気分障害、不安障害に対する認知行動療法・精神分析療法としてのカウンセリング
うつ病などの「気分障害」、強迫性障害、社交不安障害、パニック障害または心的外傷後ストレス障害(PTSD)の「不安障害」に対する治療です。1回につき30分以上行うことが要件で、医師による場合だけでなく、医師と看護師が共同して行う場合も含まれます。

②特定の精神疾患に対する通院・在宅精神療法としてのカウンセリング
適用される精神疾患は、統合失調症、躁うつ病、神経症(不安障害)、中毒性精神障害(アルコール依存症など)、パーソナリティ障害などです。通院は、精神科の医師によるものが適用となり、心療内科では適用されません。

③標準型精神分析療法としてのカウンセリング
1回につき45分を越えた場合に適用されます。

④小児特定疾患に対するカウンセリング
2020年の改訂で、発達障害など児童思春期の精神疾患に対する、公認心理師によるカウンセリングが保険適用となりました。

ただし、「初回のカウンセリングは医師」「医師の指示のもと20分以上」「3カ月に1回は医師が行う」と3つの要件に当てはまる場合のみです。

引用元:マイナビニュース

この④に当てはまります。思春期の不安障害と診断されています。

公認心理師は国家資格ですが、臨床心理士は民間資格となります。

ちょうど保険適用になったことで恩恵を受けていたんですね。ありがたいと思いました。

小児特定疾患カウンセリング料(公認心理師による場合)の診療明細書の点数は200

1点=10円なので、2000円ですね。自費なら2000円。3割負担だと600円ですね。

そら

高校生になってから、この金額を負担しています。

小児科、児童精神科の年齢制限について

小児特定疾患とあるので年齢が関係あることがわかります。

娘は15歳。もうすぐ16歳になります。

そら

高校生となった今、年齢制限は?

小児科の基準は15歳です(18歳未満と書かれているサイトもありました)

医師に聞いた時、初診だと15歳まで、継続している場合はしばらく大丈夫と言われました。

(児童精神科の初診年齢も15歳以下となっています。その場合は18歳まで継続できます)

18歳以上と記載がある精神科、心療内科もあります。

思春期外来って少ないんですよね。

ずっと通えるわけではありません。まだ不安が強くなる時があります。

医師からも、どこかに繋がっていた方がいいと言われています。

相談しやすい心療内科、精神科の医師の診察を受けたい。

カウンセリングもしていて、18歳未満も受け入れていて、大人になっても継続して受診できそうな病院。

子どもの発達障がい、不登校についても詳しい病院を探しました。

このクリニックいいなと思って電話すると初診が3.4ヶ月後…。

そしてキャンセルしないでほしいと言われました。

わかるけど、そう言われてもそれが難しい。行けるかわからない。

そら

予約がここまで取れないと、本当に困った時に相談できないですね。

不登校の子どもにカウンセリングが必要なのかどうか

娘の場合は、良いカウンセラーさんに出会えたことで救われたと思います。

その1時間、私も心が休まる自由な時間でした。

家族のだれにも心を開かなくてひきこもっていた時期です。

私も一人じゃ抱えきれない時に開始しました。

娘だけではなくて、私にとっても心強い存在でした。

もちろん、本人が嫌がらなければになりますがカウンセリングは受けた方がいいと思います。

その後、私自身も別で心療内科にかかっています。話を聞いてもらえるだけでも楽になります。

第三者が入って見えてくることもある。聞く耳を持つようになる。

相性が合えばスクールカウンセラーさんが無料なんですよね。

ただ、娘が学校から足が遠ざかったこと、学校の人という感覚で話せなかった。

そういう面では医療機関の方が話しやすいのかもしれませんね。

そら

民間のカウンセリング、コンサルは受けたことはありません。
高額だし、なんとなく怪しいと思ってしまいます(^^;)

カウンセリング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる