説明会で確認しておけば良かった≫リスト

公立の通信制高校をやめた理由|私立と比較したメリット、デメリット

URLをコピーする
URLをコピーしました!

通信制高校に公立ってあるの?

よく聞く有名な高校は全部私立ですよね。

合同説明会に参加している高校は私立です。

なので、私立のイメージが強いですが公立の通信制高校もあります。

娘は私立の通信制高校に通っています。でも、まず最初に公立を調べました。

圧倒的に安いんだよね。

そら

そうなんです。でも、学費だけではなく、いろいろと違うんです。
この記事では、公立と私立を比較して感じたことを書きました。

目次

2021年現在の公立と私立の通信制高校数の差と歴史について

合同説明会の予約特典でいただいた本に、公立の通信制高校も掲載されていました。

これを見ると、だいたい平均して各都道府県に1~2校ですね。一応、全国にあるんです。

お住いの県の公立高校を調べてみてください。

特典の本

通信制高校生は増え続けて21万人を超えました。

15人に1人とも言われています。中学校1クラスに2人ぐらいです。

2021年には通信制高校は260校もあります。そのうち私立が180校以上で7割です。

そら

近年、私立の広域通信制高校のキャンパスは増えていますが、公立の高校はほとんど増えてません。

歴史は私立よりも公立の方がはるかにあります。

自分が知らなかっただけで、制度はもう何十年も前からあるんですよね。

もともと働きながら通う生徒を想定していました。

この流れが今の公立通信制高校にもあります。

私立の通信制高校がここまで増加した背景には不登校児の増加があります。
文部科学省が公表した統計では、2019年に18万人を超えました。
私立の方が不登校児が通いやすい環境が考えられています。

誰でも入学できない?|見学会とパンフレット請求について

私の住んでいる県には2つの公立通信制高校があります。

入試は私立と同じで、作文と面接、そして書類審査です。

生徒数も多く、検討した高校は全校で800人ほどでした。

なので、誰でも入れると言えば入れるんですが、入学できる都道府県が決まっています。

その県に在住、もしくは勤務地の人となります。
交通機関で通学できそうでも、県をまたいで入学できません。
年齢や職業に制限はありません。

ネットコース、まとめて合宿タイプのスクーリングではなく、登校日がある程度決まっています。

自宅から定期的に通える場所になければ無理なんです。

そら

県内の1校が通える範囲にあったので調べました。

個別相談会は中学校を通しての申し込みで事前指導もありとなっていました。

学校を通すとなると、子どものタイミングで気軽に行けないんですよね。

その点、私立はオンライン相談会なども随時開催していますし、参加しやすくなっていますね。

パンフレットを請求しようと思いましたが、ホームページにこれ以上のことは書かれていないと記載されていて、それなら意味がないかなと請求もやめました。

公式ページだけの情報で娘に話ましたが、「そこはいい」って言ったので候補からはずれました。

娘が興味を持ちませんでした。

そら

私もここは娘には合わないと思いました。
次から、そう思った理由をもう少し詳しく書きますね。

公立通信制高校の特徴

そら

単位認定試験までの流れは私立と同じ。
高校卒業資格も全日制と同じです。

入学と卒業について

基本的に4年卒業のスケジュールで、つめこめば3年でも卒業できるとなっていました。

また、私立のように転入、編入が随時ではありません。

私立だと秋に転入して、そこから半年で一気に単位取ることも可能。

2.3年で多くとったり、計画も融通がききます。

みんなと同じ時期に卒業できることが可能です。

卒業率が低い。そして、卒業後の進路の決定率が低いです。

約4割の卒業率です。私立だと90%近くとなります。

さらに、気になるのが卒業者の数の進路の4割が「その他」となっていました。

どうして卒業率や進路決定率にそんなに差があるの?

サポートについて

フォロー体制があまりありません。

この学費でそこまで求めてはいけないですよね。

私立はなんとかして卒業させようとしてくれるんですよね。

親も高いお金を無駄にしたくないです。

でも、公立は自分の意思で卒業資格を取りに行くんです。

もっと自己管理が求められます。

スクーリングと生徒の年齢層

スクーリングは月に2.3日で主に日曜日。固定されています。

時間割を見ましたが、朝9時から夕方まで6時限、最後にホームルームでした。

行事もあまりなく、たくさんの行事から選択するという感じではないです。

進学コースや特別コースはありません。

仕事をしている方でも無理なく通えるようになっています。

60歳以上の人もいたり幅広い年齢の人がいます。

そら

動画の授業が公開されていましたが、あまりオンライン化されていません。

公立が向いている人まとめ
  • 何らかの事情で高校には行けなかった。中退した。でも、やっぱり高卒資格は欲しい。
  • 仕事をしながら、子育てをしながら高卒資格を目指す。
そら

意欲のある人には向いていて、中学不登校の子には難しいかな。
これが私がホームページから受けた印象です。

中学まで不登校だった子には向いていないと感じた理由

不登校だったのに矛盾していますが、また学校に通いたい。

少ない日数でも、みんなと同じような学校生活がしたい。

行事にも参加したい。できればみんなと同じ学年で卒業したい。

そう思っている娘が希望する高校ではなかったんですよね。

まず、教室の雰囲気が中学と似ています。人数が多め。

中学の教室に入れなくなった子には向いてない。

日にちや曜日が固定されていて、その日に行けないと厳しい。

朝が早め、午後からだけのスクーリングでは科目がとりきれない。

起立性調節障害の子には向いてない。

仕事をしていない娘には日曜日のメリットがないんですよね。

平日に学校に行かないと、何もしてないって今までと同じ感覚になりそう。

それに、全日制高校の友達との交流も日程が合わなくなるかもしれない。

そら

通信制の多種多様なことが魅力だとしたら、私立となるんですよね。
いくら日数が少なくても、学校が合わなければまた通えない。
ということは卒業できません。高校卒業資格も取れない。
これが候補からはずした理由です。

学費はどれぐらい違う?就学支援金による私立との差の減少

最大のメリットは学費が安いことです。

どれぐらい安いのか、検討した高校を例に具体的な金額書きました。

授業料は年間9,000円(1単位あたり336円程度)←就学支援金で実質無料となります。

入学金は500円←県立高校からの転入は無料。

大きいのは教科書代で15,000円ぐらい。これは全日制でもかかりますよね。

その他諸経費を含めても4万ぐらいで済みます。

制服はありません。タブレットなどの購入の必要もないです。

追加費用はレポート郵送代、交通費(学割あり)ぐらいですね。

同じような通学日数の場合でも、私立だと年間20万ぐらいはかかります。

通学コース、特別コース、サポート校であれば100万近くに跳ね上がります。

そら

ね、めちゃくゃ安いでしょ。
高校卒業が目標なら、この安さは魅力なんですよね。

例えば、今は経済的に私立に進学することは難しい。

働きながら卒業、大学のためのお金の余裕を残したい。

高卒資格と割り切り、塾や予備校にお金をかけて大学受験の勉強をしたい。

この場合、学費の安さを活かして、もっと先を目標にできます。

さらに、就学支援金の拡充によって、授業料が無償化になり、公立と私立の差が少なくなったんだよね。

1単位の差は大きい。私立だと8000円程度、卒業までに74単位分必要です。

この授業料が無償化になり(年収と単位価格によります)、私立も検討しやすくなりました。

公立通信制高校のメリットとデメリット

ここまで調べたことをまとめてみました。

メリットデメリット
学費安い
年に4.5万
なし
卒業について高校卒業資格がとれる基本4年(3年も可)
卒業率が低い(約4割)
入学について作文や面接のみ
学力試験がなく入りやすい
年齢、職業の制限なし
県の居住者、勤務地がある人のみ(狭域)
随時受け入れていない
スクーリング
学習体系
日数は少なく、県内で受講
PC、タブレットが必須ではない
日程、曜日固定
午後からなどの配慮が難しい
オンライン化が進んでいない
学校行事最低限でいい選択できるイベントが少ない
交流年齢層が幅広い
18歳以上が多い
同世代の友達ができにくい
特色仕事をしながら通いやすい
進学・専門コースがない
サポート体制がない
教員が少ない
圧倒的な安さとデメリットを比較することですね。

まとめ|長い目で見た選択肢の1つ

公立と私立の違いは学費だと思っていましたが、一番違うのは通っている生徒層と目的です。

生徒層に合わせて通いやすいような日程、最低限の行事となっています。

今の娘の状態と希望には合わなかったけど、それでも選択肢が増えたように感じました。

今の通信制高校に通えなくなったとしても、高卒認定資格を取って大学に行かなかったとしても、この先、経済的に余裕がなくなったとしても…高校卒業資格がとれる方法はある。

心と身体が元気で、生きていたら、いつからでも勉強ができる。

そら

知識があることは安心感につながりますね。
少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる