説明会で確認しておけば良かった≫リスト

通信制高校に対する世間の目と偏見について|人生終了ではなく始まり

URLをコピーする
URLをコピーしました!

通信制高校と検索していた時に、人生の終わり…なんて悲しい言葉を見ました。

通信制高校なんかやめとけ。甘えだ。人生の終わりだ。

そんな風に言う人がいるってことですね。

今回は、通信制高校に対する世間の目や偏見について書きます。

そら

最初に言っておくと人生終わりませんよ。
生きている限り、子どもの可能性は無限大(*^^*)

目次

どんな子が行くと思われているのか

通信制高校に通う子、どんな子をイメージしますか?

  • 勉強ができない子。
  • 不良、ヤンキー。
  • 高校を中退した子。

昔はこう思われていました。

今はここに「不登校」の子が加わりました。

現実的に不登校児が増えて、サポートする通信制高校が増えています。

この「不登校」の子だって昔とは違う。

  • 体調不良で行けなくなった子。
  • 心に傷を負った子。
  • いじめられた側が行けなくなる。加害者が残る。

真面目で繊細な子が行けない。学力が高い子もたくさんいます。

偏見の根底には、きっと「普通」という大多数の道から脱落した人っていうイメージがあるんだと思う。

通信制高校=不登校=ひきこもり=社会的自立ができない

ネガティブな連想が繋がっています。

そんな風に思われると子どもはしんどいよね。

そら

これは、私自身も心配してきたことだからね。
でも、そんなことないんだよ。

新しいスタート

選択肢として全日制高校が厳しくなって通信制高校を考え始めました。

最後に決めたのは、この子にとっていいと思ったからです。

本人が決めた前向きな勇気のある決断です。

そら

ここなら、通えるかもしれない。

全日制高校が大多数派の大きいルートだとしたら、少数派のルートを選んだ。

ほかに良い道を見つけた。ただ、それだけなんですね。

世間は少数派には理解は少ないです。

担任が通信制高校に決めた娘に「つらくない?」って言った。

これは気づかいからなんだけど先入観があるんだよね。茨の道を選んだって。

全日制高校に行った方が大変だったと思う。

みんなにとってと、この子にとっては違う。

私も偉そうなことは言えない。

娘が不登校になるまでは知ろうと思わなかった。

考え方が変化していくのに時間がかかった。

調べていくうちに、いろんな子がいろんな目的のために通っていることを知りました。

自分に向き合って、自分らしく生きる道を考えた子達。

繊細で悩んで苦しんだ分、人の気持ちがわかる子達が多い。

ずっと不登校で、通信制高校で新しいスタートを切ろうとした子達がたくさんいる。

そら

だから、終わりじゃなくて始まり。

可能性はたくさんある!

調べていくうちに、多種多様な学校が多いことがわかりました。

進学コースやサポート校があります。優秀な子達もいる。

資格を取る子もいる。専門コースがあります。将来の夢のために頑張ってるよ。

アルバイトをしながら語学の勉強して留学を目指している子もいます。

起立性調節障害で、通える時間帯でなんとか卒業を目指している子もします。

なかなか理解してもらえない病気だけど、今できることをしてる。

時間がある分、たくさんのことに挑戦ができます。

新しい才能、やりたいことを見つける子もいます。

頑張った勉強、資格、経験を評価してくれる会社はきっとあります。

過ごし方によっては武器となります。自分次第なんです。

だから、就職できないってことはない。それにフリーランスで活躍している人もいます。

実際に通信制高校を選んで元気になった子がたくさんいるんです。

いきいきと輝きだした子を何人も知っています。

そら

人生終わりじゃなくてむしろ逆なんですよ。

子供に向けられる無知からの先入観、偏見

今の私は偏見はもちろんありません。

パンフレットを見て、説明会に参加して、入学式に参加して…実際に見たから。知ったからです。

親は子どもが元気になっていく姿を見れば価値観は変わります。

不登校だったけど、今は自分のペースで通ってるし勉強してます。

成長を喜んでいます。将来を悲観してません。

でも、子どもの心は複雑です。人一倍まわりの目を気にする子です。

ぎりぎりまで全日制、普通がいいって言ってた子です。

繊細な子ども達は偏見を感じて気にします。

少し前に触れた先生ですが、パンフレットを見せて通信制高校ってこんなとこですって説明したら、「へぇーいいなぁ」って言いました。

ちょっと知るだけでも先入観が消えます。

こちら側も伝えていけば、きっと変わっていくと思う。

子ども達が「通信制高校に行ったら偏見をもたれる。世間の目が怖い。」

そんな風に不安に思うことがないように。

たくさん悩んで傷ついた子どもが、勇気を出して違う世界に行こうとしてる。

多様性を受け入れ「大丈夫だよ」って希望が持てる世の中であってほしい。

そう思って、この記事を書きました。

そら

私自身、こんな学校に行ってみたかったって思ったよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる